2006年04月01日

韓国化粧品市場規模と アモーレパシフィックの成長戦略

※関連記事:
・「アモーレパシフィック アモーレギャラリーの効用」
・「アモーレパシフィック ソウルの百貨店での展開(後編)」
・「アモーレパシフィック ソウルの百貨店での展開(前編)」
・「韓国化粧品最大手 アモーレパシフィックが日本上陸」
・「アモーレパシフィック 漢方美容研究を産学共同で推進」

韓国化粧品最大手アモーレパシフィックの推定によると、03年から05年とほぼ横ばいで推移してきた韓国化粧品小売市場規模が、06年は5%成長し、5兆6千ウォン(約6,700億円)となる見込みです。(下図参照)

その理由としてあげられるのは、第一に健康ブームにともなった消費者の健康志向の高まりによるサプリメントや美容サービスの需要拡大、第二には、ティーンや男性、シルバー世代といった消費者セグメントの需要拡大です。

その韓国化粧品市場において、アモーレパシフィック(太平洋化粧品)は3割近くのマーケット・シェアを占め、なおもシェアを拡大中、06年は36.2%のシェア獲得を目標としています。その着実な成長を成し遂げるべく、今年2月に発表されたその成長戦略の概要は以下の通りです。

◆グローバル市場での拡大
・アジアにおいて、ラネージュ(Laneige)といったメジャーブランドの展開を加速する
・フランスでは、ロリータ レンピカ(Lolita Lempicka)の新商品を導入。
・アメリカにおいて、高級百貨店のアモーレパシフィックのカウンター出店を拡大する

◆販売チャネルの多角化
HUE Place安定運営とフランチャイズによるブランド・ショップの出店加速
・特定ブランドを多面的なチャネルで販売する

◆マーケティングの強化
・プレステージ市場への差別化された商品・サービスの投入
・顧客にとっての最適価格を提供することにより購買意欲向上を図る
・スキンケアとメイクアップのバランスのとれた成長を維持

以上、マーケティングの強化の部分はやや具体性に欠けますが、他の部分では販売地域・販路についての拡大戦略が明確に示されています。また、上記以外にも、アモーレパシフィックは今年、日本の百貨店市場への進出も計画しています。

韓国化粧品市場は市場規模が日本の半分弱とはいえ、母国でのシェアという点では日本における資生堂のシェアの倍近くを誇るアモーレパシフィック。その安定した地盤を背景に、今後、グローバルな市場で日本メーカーと競い合うことになりそうです。


◆韓国化粧品小売市場規模とアモーレパシフィックのシェア
(単位:兆ウォン)
AMORE2006
韓国では伝統的に訪問販売の構成比が高い
※2006年は予測

出所:アモーレパシフィック公開資料

◇就職活動情報をいち早く入手「ジョブウェブ」◇
★今週の売れ筋コスメはこれ!早速チェック★

Blogランキング


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Postman   2006年05月25日 22:14
●ソン・ヘギョ、太平洋化粧品と6年目のモデル契約(2006年04月20日 livedoor ニュース)

ソン・ヘギョが、太平洋化粧品「イニスフリー(innisfree)」の専属モデルに抜擢された。

 太平洋は20日、トップスター、ソン・ヘギョが自然志向ブランド「イニスフリー」と専属モデル契約を結んだこと明らかにした。ソン・ヘギョは、昨年まで5年間、太平洋化粧品「エチュード」のモデルとして活躍している。

 太平洋関係者は、「6年を超える長期にわたって別ブランドに同じモデルを起用することは異例」と、ソン・ヘギョを高く評価。
2. Posted by Postman   2006年05月25日 22:15
<続き>
ソン・ヘギョは今月中旬に、CM撮影を終えている。今回のCMでソン・ヘギョは、直接歌を歌う。ナチュラルビューティーなソン・ヘギョが見られるCMは、来月初めからオンエア予定。

 イニスフリー・ブランドマネージャーのヤン・ジウン氏は、「ソン・ヘギョが持つ清楚さと、落ち着いた美しさが、イニスフリーのコンセプトにぴったり」、「芸能界でも評判の肌美人ソン・ヘギョは、コスメモデルには最高」と評価している。
3. Posted by 韓流評価人   2006年07月01日 08:45
4 さあ〜どうでしょうか?
アメリカでも人気と広告していますが、高々数箇所の売り場を持っているだけですからねえ。
日本に通用するか興味がありますね。

やっぱりモデルはチェジウかペヨンジュンですかね?
4. Posted by Storyteller   2006年07月02日 18:33
韓流評価人さま

コメントありがとうございます。
そうですね。日本で成功するかはまだ未知数。

いずれにしても、日本ではまず知名度が全くないですからね。ブランド育成には時間が必要だと思います。

チェジウかペヨンジュンだったら、ど真ん中といった感じですが、いいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
【155号】P&G、ドルチェ&ガッバーナブランドの化粧品発売。 (英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント)
P&Gが不振のヘアケアブランドの立て直し
ミラ・ジョヴォヴィッチ登場のスクリーンセーバーもあるよ 日本ロレアル株式会社 (日用品雑貨化粧品業界(プラネット参加メーカー)の総合情報満載ブログ)
ランコムの躍進 序章
糸ようじやひっぱリンクルなどが有名な小林製薬株式会社 (日用品雑貨化粧品業界(プラネット参加メーカー)の総合情報満載ブログ)
小林製薬 化粧品分野に本格参入