2006年03月19日

仏ロレアル、英ボディショップを買収

  仏化粧品大手ロレアルは17日、英自然派化粧品ザ・ボディショップを買収することで同社と合意したと発表しました。買収額は約6億5200万ポンド(約1360億円)。ボディショップは動物愛護や環境保護など独自の経営方針で知られ、日本ではイオンと提携しています。

ボディショップは地球環境保護や化粧品開発における動物実験の廃止といったポリシーを全面的に打ち出し、76年にイギリスで1号店をオープンしました。天然の原料を使い、容器のリサイクルを積極的に取り入れたボディショップの化粧品は多くの人の支持・共感を得て急成長を遂げ、現在では54カ国で2,085店を展開する大企業になっています。05年2月期の売上は約4億2千万ユーロ(小売ベースでは7億ユーロ超)、営業利益は3千6百万ユーロ。

ロレアルはボディショップ買収によって既存のブランドポーロフォリオに更に広がりを持たせることができ、またボディショップの高度な流通リテラシーを吸収することができます。一方、ボディショップはロレアルの持つ研究開発やマーケティングのノウハウを共有することができるようになります。よってシナジー効果の期待できる買収だと思います。

化粧品業界

またロレアルにはボディショップ買収によって新しい顧客層を獲得し、環境に優しい企業イメージを得る狙いもあるとのことです。しかし、実際のところ、ボディショップ買収がイコール、環境に優しい企業というPRに結びつくことは無いと思われます。むしろ、先にも述べたブランドポートフォリオの拡充をしたこと、つまり自然派化粧品市場が今後更に拡大すると見て、先手を打ったという点がポイントだと思います。(競合のエスティーローダーは自然派化粧品のオリジンズを持っています)

ボディショップのブランド価値を保つため同社店舗ではロレアル製品は扱わず、独自性を尊重する方針、またボディショップの現経営陣についても続投となるようです。

かつてはボディショップの独壇場だった自然派化粧品市場も今は多くの競合がひしめいており、自然派化粧品は淘汰の時代ともいえます。そのためロレアル傘下に入ることによって、ボディショップが更に成長できるかどうかは、全く未知数です。

◇ボディショップ決算より(単位:100万ユーロ)
化粧品業界

※出所:日本経済新聞、ロレアルプレスリリースほか




■関連Blog
・アロマブレス オブ ライフ
・モノづくり日本を勝手に応援ブログ
・化粧品業界コスメニュース


◇就職活動情報をいち早く入手「ジョブウェブ」◇
★今週の売れ筋コスメはこれ!早速チェック★

Blogランキング


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by モノづくり日本を勝手に応援ブログ 管理人   2006年03月22日 22:42
はじめまして。
先日はTBしていただいてありがとうございました。
しかも関連ブログとして当ブログを表記していただいてるんですね。感謝感謝ですー!
貴ブログを拝見しましたが、カネボウ問題など非常に興味を引かれるので、また訪問させていただきますー。
2. Posted by Storyteller   2006年03月24日 19:05
コメントありがとうございます。
当ブログに興味を持っていただき嬉しい限りです。また是非いらして下さい。
貴ブログへも度々訪問させていただきます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
【155号】P&G、ドルチェ&ガッバーナブランドの化粧品発売。 (英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント)
P&Gが不振のヘアケアブランドの立て直し
ミラ・ジョヴォヴィッチ登場のスクリーンセーバーもあるよ 日本ロレアル株式会社 (日用品雑貨化粧品業界(プラネット参加メーカー)の総合情報満載ブログ)
ランコムの躍進 序章
糸ようじやひっぱリンクルなどが有名な小林製薬株式会社 (日用品雑貨化粧品業界(プラネット参加メーカー)の総合情報満載ブログ)
小林製薬 化粧品分野に本格参入