2006年03月12日

2005年 百貨店 化粧品市場 シェア Vol.1

2005年の全国百貨店300店舗の化粧品販売額は、2966億6100万円(前年比4.9%増)でした。資生堂が6.1%増、C.Diorが6.5%増、シャネルが3.1%増、カネボウが微増、コーセーが横ばいとなっています。一方、エスティローダーとランコムの外資大所がそれぞれ7.1%減、7.5%減と大きく落ち込みました。

■2005年 百貨店 化粧品市場 販売金額
2005DP金額

■2005年 百貨店 化粧品市場 シェア
2005DPシェア


☆国内メーカー トピック

資生堂
スキンケアが好調。クレドポーボーテが売上の50〜60%を占め、接客のサービスレベルも高くなっています。イプサは売れ行きに波があります。

花王
エストが好調。ソフィーナオーブも扱っている中、90%以上がエストの売上の店もあります。百貨店はエストに集中すべきではという声もあります。

カネボウ
年末にかけて売上が回復。ルナソルの好調が原因と言われています。リキッドファンデーションが売れています。新発売のインプレスも期待されるところです。

エキップ
RMKは以前、絶好調。特にリキッドファンデーションでの定着率が高いようです。ルミコ氏の意見が非常に強く反映されており、お客様からの支持は抜群です。

コーセー
ボーテドコーセーコスメデコルテの差別化が薄れて、コンセプトが似たようなものになってきています。またジルスチュアートは好調で、今が旬のブランドと言えます。

アルビオン
好調の要因は顧客の支持によるものです。美容部員が数字にガツガツしておらず、カウンターにくるお客様に安心感を与えているようです。

※データ出所
国際商業

◇就職活動情報をいち早く入手「ジョブウェブ」◇
◆化粧品業界、異業界への転職ならエイブリックNET◆

Blogランキング


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
【155号】P&G、ドルチェ&ガッバーナブランドの化粧品発売。 (英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント)
P&Gが不振のヘアケアブランドの立て直し
ミラ・ジョヴォヴィッチ登場のスクリーンセーバーもあるよ 日本ロレアル株式会社 (日用品雑貨化粧品業界(プラネット参加メーカー)の総合情報満載ブログ)
ランコムの躍進 序章
糸ようじやひっぱリンクルなどが有名な小林製薬株式会社 (日用品雑貨化粧品業界(プラネット参加メーカー)の総合情報満載ブログ)
小林製薬 化粧品分野に本格参入