2006年02月06日

P&Gが不振のヘアケアブランドの立て直し

P&G(The Procter & Gamble Company)は米国のシャンプー&コンディショナー市場が過当競争状態にある中、自社のヘアケアブランドのうち不振のブランドの立て直しに着手しています。P&Gのヘアケア事業といえば、2003年にヘアケア大手のWellaを買収し、シェア1位のロレアルに並ぶ売上規模になりました。(ロレアルのヘアケア事業の売上は2003年で70億ユーロ、約85億ドル)

今回、不振により売却されるブランドは、パートとフィジックというブランドです。また今年初めには同じく苦戦しているハーバルヘッセンスのリステージ(パッケージデザインの変更による新展開)が図られます。(米国では既に新パッケージになっているようです)

パートとフィジックは日本人には馴染みがありませんが、ハーバルヘッセンスは日本でも快感シャンプーとして、よく知られています。このブランドは10年前にも危機に陥ったことがありますが、宣伝の強化のより立ち直った歴史があるということで、P&Gは再度、ハーバルヘッセンスをテコ入れしようと考えています。

そもそもハーバルヘッセンスの最近の不振は、ロレアルのガルニエ・フリュクティとユニリーバのダブにシェアを奪われたことによるところが大きいため、P&Gとしてはこのまま敗退したくないという思惑も絡んでいるということです。ただ、ガルニエ・フリュクティはともかく、ダブはハーバルヘッセンスとは商品のポジショニングが違うので、ダブにシェアを奪われたというのは当てはまらないかと思いますが、リステージによってハーバルヘッセンスが苦境を脱せられるか今後の動向に注目が集まります。

(出所:国際商業他)

★今週の売れ筋コスメはこれ!早速チェック★

Blogランキング


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【155号】P&G、ドルチェ&ガッバーナブランドの化粧品発売。  [ 英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント ]   2009年03月10日 23:33
 ◎本日のニュース(2009/03/09)1)見出し P&G Flirts With Luxury Cosmetics 2)要約プロクター&ギャンブル社(P&G)は、ファッションブランドのドルチェ&ガッバーナ(D&G)と提携して、高級化粧品市場に参入するという。その製品ブラ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
【155号】P&G、ドルチェ&ガッバーナブランドの化粧品発売。 (英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント)
P&Gが不振のヘアケアブランドの立て直し
ミラ・ジョヴォヴィッチ登場のスクリーンセーバーもあるよ 日本ロレアル株式会社 (日用品雑貨化粧品業界(プラネット参加メーカー)の総合情報満載ブログ)
ランコムの躍進 序章
糸ようじやひっぱリンクルなどが有名な小林製薬株式会社 (日用品雑貨化粧品業界(プラネット参加メーカー)の総合情報満載ブログ)
小林製薬 化粧品分野に本格参入